自営業を始める前に新しくしておきたいこと

開業届けを出せば自営業者になる

自営業者になるのはとても簡単です。個人事業主として開業届けを出せば、それだけでもう自営業者です。会社勤めと違って、税金をこれからは自分で納めることになります。そのためのに必要なのが開業届けというわけです。最初からそれなりの規模で法人として会社経営を行う場合は、自営業ではありません。自営業は法人を設立せずに商売をすることです。開業届けを出さずに小さな範囲で仕事をしている場合は、自営業というよりも副収入あるいは副業レベルと言えるかもしれません。

安定した会社員でいるうちにやりたいこと

独立して個人事業主となろうとしている場合は、まだ会社勤めをしている内にクレジットカードを作っておきましょう。会社員は毎月ある程度決まった額の給与がもらえます。勤務年数にもよりますが、会社勤めをしているということが信用になります。自営業者の場合は収入が保証されていないので、クレジットカードの審査に通りにくくなる場合があります。自分の生活も含めてお金の算段を付ける必要があるため、いざという時のことも考えてクレジットカードは作っておいた方が良いでしょう。

新しくした方が良いこと

クレジットカードを作ったら、新しく銀行口座も作っておいたぐ尾が良いでしょう。自営業を始めると自分で確定申告を行う必要があります。そのため、事業に掛かったお金を正しく把握しておくことが必要となります。新しいクレジットカードや銀行口座を仕事から見のことだけに使用すると、お金の流れがわかりやすくなります。経費にできるものとそうでないものがありますが、事業にどれかけの費用が掛かっている科を知ることは商売を続ける上でとても大切なことです。

飲食店のフランチャイズでは、マニュアルがしっかりと決められているので、初めてのバイトでも働きやすくなっています。