派遣秘書としての働き方は魅力的!メリットとは

秘書という仕事内容とは

秘書という仕事は、社長や役員などの重要な職にある人について、庶務管理や事務処理をする職業の事で、上司が仕事に集中できるように補佐するのが大きな役割です。企業や団体の重役は日々重要な業務を行っていて、とても多忙であるため、業務が円滑に進められるように秘書が上司のスケジュール管理や電話対応、来客対応、文書作成、慶弔関連などを担います。これまで秘書という仕事は正社員が一般的でしたが、近年では派遣という働き方も可能になっています。

派遣としても働ける秘書

派遣秘書とは、派遣会社に登録し、秘書を募集している企業があれば、短期の期限付きで派遣されて働くという形態です。企業側の状況や有能さが認められれば、契約が延長されて長期にわたって働くこともできます。企業側は、正社員の秘書を雇うと人件費がかさんでしまいますが、派遣は正社員に比べて人件費が抑えられる上、期限付きの契約なので、忙しい時期だけ派遣を雇いたいという場合など企業側の都合に合わせることが可能なのでメリットが多いのです。

派遣秘書側のメリットとは

派遣として働く秘書側にも多くのメリットがあります。一時的に働きたい場合や万が一派遣先が合わないと感じた場合には契約を更新する悲痛様がないのできっぱりと止められるという点です。給料は時給制で、1000円台から2000円台になっていて、ボーナスは基本的に支給されませんが、一般的な事務職に比べて高額といえます。しかし、派遣といえど、秘書として即戦力として働けるように知識や技術が問われるので、経験者であればとても有利です。

同じ秘書の派遣であっても、職場ごとに待遇や働き方は異なります。実際に働いてみないとわからない点も多いので、職場ごとに疑問点は確認して働くことが大切です。